2018年11月30日

<教育部>第5回新卒者研修会参加記

「第五回新卒者研修に参加して」
甲州リハビリテーション病院
海野 友希
 この度、第五回目の新卒者研修に参加させて頂きました。
 研修では「SLTAの話す・書く・計算の実技演習」で、多くの事を学ばせて頂きました。現在、臨床でもSLTAを行っていますが、「話す・書く」側面はヒントの提示の仕方が異なり、臨機応変に対応しなければならず、判断に悩む部分があります。そのため、今回研修で実際に行い、疑問に思っていることや不安だった点を質問することができ、大変貴重な時間となりました。また、私は段階を決める時に迷うことがありました。その場合は、患者さんの様子に合わせてSTが判断していくという事が分かりました。患者さんにとっては負担となるため検査を行う前に確認しておく必要があると思いました。
 今回教えて頂いたことを臨床へ活かすために再度確認していきます。そして、SLTAを行う際には患者さんの様子も把握しながら、慌てず柔軟に対応していきたいです。


「第五回新卒者研修会を終えて」
甲府城南病院
市野直樹
 第五回新卒者研修会では、前回に引き続き「SLTAの実施方法」を受講しました。
<話す>、<書く>、<計算>の演習を2人1組にて、ファシリテーターの先生に付いて頂き実施しました。ファシリテーターの先生からは、自身の癖や、苦手な箇所をご指摘頂くことができました。自身では気づけない点についてアドバイスを頂ける機会は少ない為、しっかりと振り返りたいと思います。また、例題の重要性についてのご指導も頂きました。患者様が課題をしっかりと理解した状態で実施できるよう、例題で説明を十分に行えるようにしていきます。
さらに、“全員実施”の項目は実施する機会が多いものの、まんがの書字や短文の書取は中止基準に当てはまることが多く、実施する機会が少なかったこともあり、曖昧となっている部分が多い事を痛感しました。適切な評価基準やヒントなど基本的なことも再度見直し、明日からの臨床に臨みたいと思います。
また、患者様に合わせた教示方法や検査を取る上での工夫などをご指導頂き、とても参考になりました。
 新卒者研修では毎回言語聴覚士としての基礎を丁寧に教えて頂いています。頂いたご指導を活かして日々の臨床に励みます。

第5回新卒者研修3(30.11.8).jpeg第5回新卒者研修1(30.11.8).jpeg第5回新卒者研修2(30.11.8).jpeg








posted by st_yamanashi at 18:27| 研修会参加記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

<生涯研修部>平成30年度第3回症例検討会の発表後記

石和温泉病院
磯野 未季

今回、「左視床出血により失語症・高次脳機能障害を呈した症例ヘのアプローチ−評価・訓練について−」をテーマに発表させて頂きました。
症例検討会を終えて、日々の業務における自身の経験不足さ、知識不足さを再度認識しました。また患者様の全体像を調べ把握していく中で、日常生活場面からの症状の分析や、検査・訓練時の患者様の反応、病巣から症状を分析する事の難しさを痛感する良い機会となりました。今回の症例検討会で得た知識を元に再度自身の考えを見直し、退院後に患者様がより安心した生活が営めるよう、今後も実用的コミュニケーションに向けて関わっていきたいと思います。
今回の症例発表をするに当たり、バイザーの石田礼先生を始め、発表当日は諸先生方から沢山のご意見やご指導を頂き、大変勉強になりました。今回学んだ事を今後の臨床に活かして行けるよう、日々精進していきたいと思います。ありがとうございました。

image2.jpegimage1.jpeg






posted by st_yamanashi at 00:00| 発表後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

<生涯学習部>平成30年度 第2回学術講演会後記                 「発達性ディスレクシア―音韻の発達と障害を中心に―」

H30生涯学習部研修会 原先生.jpg平成30年10月12日に、ぴゅあ総合において第2回学術講演会を開催致しました。今回は、上智大学大学院 言語科学研究科 言語聴覚研究コース 原 惠子 先生をお招きし、「発達性ディスレクシア―音韻の発達と障害を中心に―」をテーマにご講演いただきました。成人領域においても、元々発達障害を持ち、さらに後天的な問題が加わった患者さんにお会いする機会は少なくありません。そのため、今回先生から教えて頂いた発達期の障害について正しい知識を身に付けておくことは、どの領域においても重要であると改めて感じました。特に、音韻意識についてのお話はとても興味深く、失語症の臨床でも大変参考になる内容でした。また、読むことが難しいことが、語彙の獲得や学習全般に影響し、いかに「すらすら読める」か、ディコーディングが自動的にできることが語彙の獲得において重要であることを学び直すことができました。
貴重なご講演をありがとうございました。

posted by st_yamanashi at 16:01| 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする