2018年09月20日

平成30年度第2回症例検討会発表後記

 平成30年8月16日(木)甲府市東公民館において、生涯研修部第2回症例検討会を開催いたしました。甲府城南病院の松本英之先生が発表され、バイザーは春日居サイバーナイフ・リハビリ病院の佐々木蘭子先生がお引き受けくださいました。

発表後記
.
甲府城南病院 松本英之
 今回、「重度失語症を呈した一例における訓練の検討〜理解訓練を中心に〜」をテーマに発表しました。訓練をふりかえる中で、反応や症状に合わせた的確な評価・訓練を行うことで、重度の失語症であっても改善につながることを改めて学ぶことができました。一方、評価に対する分析や理解訓練に対する考え方が不十分であったこと、症例の能力を把握しきれなかったことなど反省すべき多くの点にも気付くことができました。また、発表においては、相手に伝わりやすい簡潔なプレゼンテーションや受け答えをすることの難しさを痛感しました。
 発表まで何度も挫折しそうになりましたが、佐々木先生のご指導をはじめ、当日諸先生方からいただいたご意見は大変勉強になりました。今回学んだことを今後の臨床に活かせるよう努力していきたいと思います。

症例検討会2 (2).jpg症例検討会1 (2).jpg










posted by st_yamanashi at 11:17| 発表後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。