2019年11月16日

2019年度第5回新卒者研修会参加記

令和元年10月24日に、甲府市東公民館 地域集会所において、第5回新卒者研修会を開催いたしました。今回は、SLTAの検査概論及び実技演習を学びました。具体的な検査方法を知ることができたり、自分では気づかない部分を指摘されたりして、臨床技術の向上につながったのではないかと思います。

「第5回新卒者研修会を終えて」
甲州リハビリテーション病院 井出有紀
 今回の講義では2人一組となって標準失語症検査(以下SLTA)の実技を行いました。それぞれの組に経験豊富な先生がついてくださり、ご教示いただきました。マニュアルには載ってない、先生方の経験からのアドバイスや、患者さんに対する配慮の方法、声の掛け方、疑問点などについても丁寧に教えて頂き、とても有意義な実技でした。その中でも自分では気づけなかった自分の癖や改善すべき所を教えて頂き、今後の自分の課題が明確になる良い機会にもなりました。SLTAはこれからも沢山使用する検査の1つなので、より正確な評価結果になるように、自分の癖がなくなるように練習していきたいと思います。

第5回新卒者研修(元.10.24)2.jpeg第5回新卒者研修(元.10.24)3.jpeg第5回新卒者研修(元.10.24)1.jpeg









posted by st_yamanashi at 13:53| 参加記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。